毛抜きを使った脱毛は危険

自己処理の中でも毛抜きを使った脱毛方法は危険だと言われています。

なぜ危険なのかここでは見ていきましょう。

■毛抜きを使った自己処理

自己処理の中でカミソリの次に使い勝手がいいので利用してしまいがちなのが毛抜きを使った自己処理です。自分で毛抜きを使って綺麗に脱毛を行うことができるので、行っている人も多いです。しかし一番やってはいけない脱毛方法とも言われています。脱毛を毛抜きを使用した場合には毛穴と皮膚に対してとても大きな負担を与えることになるからです。毛抜きで毛を引っ張ると、毛だけが引っ張られるわけではないのです。そして力が強ければ皮膚だけでなく、周りの細胞も引っ張られます。引っ張られるだけならいいのですが、引きちぎられることもありますので注意が必要です。毛抜きで毛を抜いたことがある経験者なら一度は経験したことがあるかもしれませんが、血がにじんだことはありませんか?これはかなり引っ張られて傷ついたために起きているのです。

■細胞が引きちぎられるだけではない

毛抜きで引っ張ると細胞が引きちぎられるだけではありません。毛穴の奥の黒ずみの原因になってしまうこともあるのです。そして毛抜きをして毛が抜けてその空いた部分にポッカリと穴があいてしまって、そしてその部分に汚れや雑菌が入ってしまって毛穴の奥で炎症を起こすこともあります。

■ワキの場合は

ワキの場合は特に毛抜きで抜いてからその部分に皮脂がたまりやすくなり、そして雑菌の繁殖もしやすいですし炎症も起こりやすくなっていますから、十分注意しなければいけません。

これまで毛抜きを使って処理をしていたという人は、肌への負担が大きすぎますので、これからは行うことをやめたほうがいいでしょう。肌への負担を考えると、やってもいい自己処理というのは実はひとつもありません。どの方法もそれなりに肌への負担は大きいですからよく考えた上で、自己処理の方法を検討したほうがいいでしょう。やはりおすすめは専門の機関での脱毛です。

脱毛を受けることができない人

脱毛は向いている人と向いていない人がいます。

脱毛がそもそもできない人もいますので確認しておきましょう。

■日焼けをしている人

日焼けというのは脱毛の施術を受けている間は大敵です。カウンセリングなどを受けて説明があるかと思いますが、レーザー脱毛や医療脱毛を受けている人、フラッシュ脱毛を受けている人は、脱毛部位に光を当てます。その部分は、一時的にやけどをしているような形になっていますので、皮膚に負担がとてもかかっている状態です。それなのにさらに日焼けをしてしまうと肌へのダメージはとても大きくなるのです。また日焼けをしている状態のところには光を当てることはできません。光は黒い色素に反応しますが日焼けをしていると全体的に黒いために、ピンポイントで脱毛部位にあてることができなくなるのです。

■その他受けることができない人

それ以外に脱毛を受けることができない人がいます。それは、妊娠中の人です。妊娠中の人というのは受けることができません。ホルモンのバランスによって肌がデリケートな状態になっているので、その状態で受けることは肌への負担がとても大きいからです。また、刺青がある人や、脱毛をしたい場所に傷がある人、ほくろやアザがある人も受けることができませんので注意しましょう。

■薬関係で受けられない人

脱毛当日の前後10日くらいに予防接種を受けている人や今後受ける予定のある人も受けることができませんし、薬を服用していて前もって医師の承諾を得ていない人も受けることができません。アルコールを摂取して12時間たっていない人も受けることができませんので注意してください。自分が脱毛できるのかどうか、わからない、相談したいという人は、まずはカウンセリングを受けて相談してみるといいでしょう。受けられないと思っていても受けられる場合もありますし、反対に受けられないと思っているのに受けられることもあります。

自分が脱毛を受けることができるのかどうかを確かめるためにも、カウンセリングは受けるようにしましょう。