ハイジニーナ部分の剃り方は?どうすればいいのか。

ハイジニーナ部分というのは脚、脇とは異なり非常にデリケートです。
そのため、剃り方には十分に注意をしなければなりません。

ちなみにハイジニーナ部分とは、VIO部分と同じ意味です。また、アンダーヘアが全くない状態のことを指す場合も言います。英語の「hygiene(衛生、健康法、衛生学)」からきているものです。

■ハイジニーナ脱毛の注意点

ハイジニーナにかぎらず、どのような脱毛においてもお風呂上がりに剃るというのが理想的です。
お風呂上がりは毛が柔らかくなっていますし剃りやすいですので、お肌への負担もかなり少なくてすみます。

中にはお風呂場において剃ってしまう方が多いです。
衛生的なことを考えるとそれはおすすめできません。

また、剃る時は、シェービング用のジェル、ムースといったものを付けるようにしましょう。
このようなことがあるのとないのとではお肌に負担がかかってしまい、脱毛の仕上がりが全く異なります。

シェービング時に使用するカミソリは、理想としてはI字の電気シェーバーがおすすめです。
細かい部分まで剃ることができますし、安全性が高くなります。

■Vラインの注意点

Vラインの脱毛をする時には整えたい形をしっかりと決めるようにしましょう。
ある程度の形が決定したら、毛の流れに沿うようにして剃っていきます。

ここで注意しなければならないのは、逆剃りをしないことです。
逆剃りをすると、お肌を激しく傷つけてしまいますので、注意しましょう。

場合によっては毛穴の傷から血が出ることもあるんですよ。

■Iラインの注意点

Iラインを剃る時には、座ってから脚を開いて剃ります。
しかし、正面に鏡をおいてから剃るようにしましょう。

もちろん、この時にも逆剃りをするのではなく、毛の流れに沿うようにして剃ってください。
粘膜部分の脱毛になりますので、丁寧に、慎重に行うようにしてください。

■デリケートであることを忘れない

このようにハイジニーナなどのお肌が敏感な部分を脱毛する時には、必ず注意しておくようにしましょう。
カミソリなどを使用するとお肌を傷つけてしまうことがあるので、やはり専用のシェーバーなどを使用すると安心して、仕上がりもきれいに仕上げることができるようになりますよ。

脱毛は痛い?実は方法によります

脱毛したら肌が荒れた、痛みがひどくて二度とやりたくなくなったなど、脱毛に関する痛い話を聞いたことが無いでしょうか。これらは実際にたびたび起こることで、あまりの痛みから別の方法に切り替えた方も中にはいるほどです。しかし、脱毛全てが痛い、あるいは肌荒れなどのリスクがあるとは限りません。実は方法によって痛みや肌への負担も大きく変わるのです。

■脱毛クリームは肌への負担が大きい

手軽にムダ毛を処理できるのが脱毛クリームです。しかし毛を溶かす成分は刺激が非常に強く、肌へ与える負担も大きいというデメリットがあります。そのため、敏感肌の方には刺激が強すぎ、激しい痛みやかゆみ、発疹が出てしまう場合もあるのです。なるべく避けることも考えたほうが良いでしょう。

■針脱毛は一時的に痛みがある

サロンで受けられる針脱毛は、一時的にチクッとした痛みを感じることがあります。しかし、一時的な痛みで終わることが多く、肌への負担はそこまで大きくありません。脱毛クリームより負担は少ないと言えます。

■レーザー脱毛は肌が火照ることも

現在定番の脱毛方法がレーザーではないでしょうか。レーザー脱毛は肌への負担が少ないものの、一時的にやけどのような火照りを感じることがあります。ただ塗り薬を処方してもらえることも多く、痛みはそこまで無いのでリスクは低いと言えます。

■フラッシュ脱毛は負担が少ない

他の方法より脱毛の力は弱いものの、一番負担が少ないのはフラッシュ脱毛です。敏感肌の方でも利用しやすい方法と言えます。痛みや火照りは無く、肌への負担は非常に少ないため、肌が弱い方は検討していると良いでしょう。

■肌の状態にあわせて選ぼう

肌への痛みや負担は脱毛の方法によって大きく変わります。基本的に脱毛クリームは刺激が強く、フラッシュ脱毛が最も負担の少ない方法と言えるでしょう。どの方法でも負担が掛かる可能性はあるため、現在の肌の状態に合わせ、脱毛方法を選んでみてはいかがでしょうか。